切手買取情報誌

いくらで売ればいい?

切手の買取相場はいくらなんですか?というご質問をよ頂くのですが、切手ってある意味お宝ものでありプレミアものです。

よって当然ではあるのですが切手の種類や買取業者によって、買取価格の相場はかなりの幅があるんです。

さらにはここ最近切手の買取相場は下降気味だといいます。理由は単純に切手収集家が減ったから。

昔は切手を買取してもらえるなんて普通でしたが、今では郵便局でも切手は買取してくれなくなりましたね。

切手収集家は今もどんどん減ってきているらしいので、10年後に売るならレアもの切手だけでも今買取してもらう方が賢明なのかもしれませんね。

ちなみに私は学生の頃からなぜかず〜っと外国切手や記念物の切手を集めていましたが、所詮子供が管理していたので日焼けでどれも色褪せてしまいました…。

切手の数だけは膨大にあり、邪魔になりつつあったので結婚を機に切手買取業者に買い取ってもらうことにしました。

切手の買取って無料査定とかできるんですが、何社か見てもらって1番買取相場が良かったのはリサイクル業界大手のスピード買取.jpです。


↑↑↑こちらから無料査定申し込みができます。スピード買取.jp


鑑定士の目利き

切手のお宅訪問買取では、ネットから切手の無料査定の申し込みすると、切手の鑑定士さんがうちまで鑑定しにきてくれます。もちろん切手をそのまま持ち込むのもありですが、私は面倒なので自宅での切手買取でお願いしました。

 

この切手鑑定士さんの査定が面白いんですよ。大半の切手たちは予測と大差ない買取価格でしたが、中には安物やジャンクだと思っていた切手の中にお宝切手があったりするんですよ。

 

そういうものはちゃんとなぜこの切手に価値があるのかを説明してくれて、相応の買取金額を付けてくれます。これを聞いてるとなかなか面白くて、時たま切手を買取してもらうの辞めようかなって思ってしまいます(笑)

 

ちゃんとした切手鑑定士がしっかり査定してくれるし、こちらの希望買取価格も聞いてくれるのでなかなかいい収入になりました。

 

遠方の方とかなら宅配で切手を送って買取査定してもらうこともできますよ。切手の送料はかかりませんし、さらには買取キャンセルにした時の返送も無料です。

 

なので一度試しにでもお手持ちの切手を査定してもらうのみもありかもしれませんね。
私のコレクションとは呼べないほどの切手の山も、かなり状態は悪かったんですが全て買取頂きましたよ。もちろんお値段も満足でした。

 

>>>切手の買取【スピード買い取り.jp】無料査定申し込みはこちら<<<

 

買取価格の見積もりがタダできる!

最近はメールやインターネットが普及して、切手ってなかなか使う機会が減ってしまいましたよね。
私も過去にうちにある古切手を買取してもらいたいな〜って思った時、切手の買取値段を知りたくてネットで色々調べたことがあります。

 

その時に古切手の買取値段を無料で見積もりしてくれる業者を見つけて、そこで買い取りしてもらってとっても良かったので、以下に参考までに紹介しておきますね。

 

↑↑↑無料見積もり依頼はこちらから

 

 

 

スピード買い取り.jpという、古切手を扱う専門の買取会社なんですが、こちらで無料買取見積もり依頼をネットで予約できます。

もちろんお住まいの地域にもよりますが、近ければスピードという名前の通り2時間くらいで飛んできてくれたりしますよ。

 

切手の無料見積もりにはプロの切手鑑定士さんが家まで来てくれます。
仮に切手の買取価格に納得がいかないって時には断ることもできますし、断っても一切お金はかかりません。

 

いい値段が付いた切手だけ買取してもらうのももちろん可能です。
素人では気づかないようなプレミア切手にも相応の買取値段を付けてくれるし、なかなか誠実な会社だなと感じました。

 

オークションなんかだと切手の買取相場はそのタイミングでかなり上下します。
今では日本国内には切手収集家はほとんどいなくなったからです。

 

なのでオークションは切手の熱烈なマニアが見ていなかったら結局落札価格が上がらないことが多かったです。
ちょっと手間をかけてもいいなら、一度切手鑑定士に見て貰って買取相場を知ってから、それを参考にネットオークションにかけるのも一つの手ですね(^-^)/

 

 

>>>スピード買い取り.jpの無料見積もりはこちらから<<<

古切手の買取値段はなぜ高い!?

古切手値段を見積もってもらうと、中にはびっくりするような買取値段が付くものもあるんです。
正直今は昔と違って、古切手に高いお金を払う生粋の切手コレクターなんてほとんどいません。

 

ではなぜそんなすごい買取値段が付く古切手があるのか?それは中国でレアもの切手の需要があるかららしいんです。
日本にはいなくなってしまった古切手コレクターですが、海外にはまだまだたくさんいるみたいなんですね。

 

そんな海外の古切手コレクターたちは、プレミア古切手なら値段に糸目を付けないそうですよ((((;゚Д゚))))))

 

そんなわけで、中国のオークションでは、本来何十円の価値の古切手が何万円の値段を付けて買取されることがあるというわけらしいですよ。
買取見積もりして貰った時に切手鑑定士さんがおっしゃっていた話なんですけどね。

 

中国のバブルで誕生した億万長者たちが切手にかけるお金は本当にすごいらしいです。
中国の経済ってほんとすごいですよね(*^_^*)でもおかげで私たちの家にある古切手はいい値段を付けて買取してもらえるというわけなんですね。

 

 

>>>スピード買い取り.jpの無料見積もりはこちらから<<<

古切手の相場

自分が古切手を収集ていたのは高校生の頃で、もう25年も昔の話になります。
当時は切手の収集というのはちょっとしたブームでもありました。

 

実際自分以外にも同級生で切手の収集をしてい友達もいたくらいです。
ちょうど25年前というのはどうやら切手のブームだったようで、それこそ驚くような値段で切手の買取が行われていました。

 

もっとも自分は切手収集の方が専門で、当時切手を買取してもらったことはなかったのですが…

 

ところが25年前というのを境にして、切手の買取相場は下落し続けているようなんです。
なにやら原因は単純に切手の収集家が減少したことのようですね。

 

おそらく不景気により切手などの趣味・嗜好にお金を投じることが難しくなったのもあるのでしょう。

 

しかしバブルの真っ只中である中国では、未だにものすごい高値で切手を買取してもらえる業者がたくさんあるようです。
日本で買取された切手も、日本の業者から中国の切手買い取り業者に渡るものが多いようですね。それだけ大陸では切手の需要があります。

 

 

ただ景気とは関係なく、やはり切手の価値というのは下がり続けているようなので、買取してもらうのであれば早いにこしたことはないようです。
どうせ売っぱらってしまうのであれば、少しでも高い値段が付くにこしたことはないですもんね。

 

>>>古切手買い取り専門のスピード買い取り.jpはこちらから<<<

 

切手にはかけがえのない価値がある!

町の郵便局や子供の通う学校で古切手を回収しているのを見かけたことはありませんか?
回収された切手はいったいどこへ行くんだろう?と疑問に思った方も多いと思います。

 

実は古い切手にはものすごい価値のあるものがあるんです!
郵便局や学校が集めた切手はまず、切手回収業者に売られます。

 

相場は大体切手1キロ1000円、1キロというと約7000枚になります。。。途方もない数字ですね…。
この時点で、郵便局や学校が得た利益というのは慈善団体へ寄付されています。

 

学校で集めてもさすがに7000枚はいかないと思うので、数百円の寄付金でしょうか。

 

 

 

では買い取った切手回収業者はどうするのでしょう?

 

切手回収業者は実はこの集めた切手を、海外の切手コレクターに販売したり、オークションにかけたりしています。

海外には熱心な切手コレクターが存在していて、価値あるプレミア切手にはお金を惜しみません。

 

日本の切手はデザイン的にも人気で、その切手の希少価値や状態、消印のかかり具合などで値段がつけられます。

 

中には買取価格が100万円以上の価値のある切手もたくさん存在します。
かの有名な見返り美人なんかもそうですね。

 

それでも慈善団体に寄付されるのはグラム計算の分だけ、100万円の切手も郵便局や学校は7000円/kgで売ってしまっているんですね。

 

 

価値のある切手、個人売買は可能?

 

答えはYesです。素人が切手の価値を見分けるのは難しいですが、切手買い取り専門の会社というのが存在します。

 

切手のみを扱うリサイクルショップというやつですね。
このリサイクルショップには無料で出張して古切手の鑑定をしてくれるところがあります。

 

鑑定をしてもらって、その場で提示された切手買取価格で引き取ってもらうこともできます。
もちろん切手の買取価格に不満なら、買取自体キャンセルしても無料です。

 

>>>古切手買取専門の【スピード買い取り.jp】無料鑑定はこちら

 

 

 

募金と収入のバランス

 

切手の大半は価値のないものですが、中には驚くような値段の付く切手があるのも事実です。
代表例としてよく上げられるのが見返り美人。

 

いかにもクールジャパンテイストなデザインの切手で、経済バブルと共に誕生した中国の大富豪たちにも人気のようです。

 

どうせ切手回収業者が郵便局や学校から7000円/kgで買い取ってしまうのなら、郵便局や学校で回収してもらう前に一度切手のプロに鑑定してもらうのが賢明です。

 

募金される金額が7000/kgなら、価値のある切手は個人買取にして、買取で得た利益で募金した方がよっぽど慈善団体も助かるというわけです。

 

 

切手買い取り経験談

先の文章で上がったスピード買い取り.jp、実は私自身利用させて頂いたというか、買取をお願いしたことがあります。

 

うちの祖父が切手が好きで昔よく集めていたのがそのまま倉庫にたくさん残っていて、処分する際に郵便局に持っていく前に一度スピード買い取り.jpで見積もりをしてもらおうと思ったんです。

 

切手の中にはものすごいお宝があるっていうのは、昔石坂浩二のテレビか何かで見たことがあって知っていました。

 

スピード買い取り.jpで切手を買取してもらおうと思ったら、見積もりにはお店から直接切手の鑑定士さんが自宅まで出張で来てくれます。

 

私は近いところだったのもあって、その日の夕方には来てくれました。
仮に買取価格が納得いかない金額ならお断りもできるし、その場合でも手数料も出張料も無料なのは安心ですね。

 

今回の買取査定の結果としては100何枚かあるうち高い査定が付いたのはたったの3枚。
まあその程度のものなんでしょうね。

 

それでも確か合計すると3万くらいになったと思います。
残りの値段があまり付かない切手は買取をお断りして、翌日に郵便局に持って行って寄付しました。

 

そして昨日の買取金額の1割程度の3000円もボランティア団体に寄付することにしました。
どうせ寄付してしまうのなら少しでも高い値段で買い取りしてもらって、そのお金をボランティア団体に寄付するのもいいと思います。

 

>>スピード買い取り.jpの公式ホームページはこちらから<<

 

 

 

切手買い取り経験談その2

 

この間久しぶりに故郷に帰省した時に、今は物置きと化している自分の部屋の掃除も兼ねて、嫁に学生時代の思い出話をしながら棚やらタンスやらを物色していました。
その時昔中学の頃に好きで集めていた切手のコレクションが出てきたんです。

 

その頃でも古い切手だったので、今ではさらに古く懐かしい切手になっていました。
そのまま捨てるには惜しいように感じたので、少しの期待も込めて切手の買取業者に見積もりを依頼してみました。

 

見積もりには切手の鑑定士が直接家まで来てくれました。
そして学生時代の僕の切手コレクションを一枚一枚鑑定してもらったのですが、なんとその中に一枚、とても希少価値の高いプレミア切手がまじっていたんです。

 

中学の当時はシンプルに古い切手を集めていただけなので詳しいことは知らなかったんですが、なんとその切手、いまでは数万円の相場で買取されているものだったんです。

 

段ボール箱の中で折れ曲がっていたので買取の値段は少し下がりましたが、それでも思いも寄らない値段の切手でした。
自宅に不要な切手があるなら、タダですし一度鑑定してもらうといいですよ。

 

 

↑↑↑こちらの古切手専門店で無料鑑定をしてもらいました。

素敵な切手コレクション

私は子供の頃からコレクションというか、何かを収集するのが大好きだったんですが、コレクションは結婚して子供も産まれるとなかなか置いておけないものですね。

 

未だに実家には小さな頃集めていたミニカーやガンダムのカード、はたまた王冠なんかもありますが、これも切手のように買取してもらえないものでしょうか。。。
ミニカーなんかは専門の買取業者がありそうですが、王冠は売るにも置いておくにも困るものですねぇ。

 

ですがこの王冠、当時ならばただのゴミなんでしょうが、今見れば結構面白かったりします。マメな私は父が飲む瓶ビールの王冠もデザインが変わる度に集めていましたから。

 

コカ?コーラがよくボトルの復刻デザインなんかのキャンペーンをしていることがありますが、あのような感覚です。
当時は普通に見えたデザインの王冠でも、今見ればとても味のある、レトロなデザインに見えたりなんかします。

 

マニアの手に上手く渡れば結構な価値になる気もするのですが、王冠をコレクションしているマニアどころか、王冠の買い取り業者なんてあまり聞いたことがありませんからね。

 

少し寂しい気もするのですが、今回を機にキレイさっぱり、処分することとなりました。せめて切手だけでも、欲している方の手元に届くことになって本当に良かったと思っています。


切手の換金は郵便局でできるの?

自宅に余ったまま使わない切手がある…切手の換金と考えた時にまず浮かんでくるのは郵便局ではないでしょうか?
よく郵便局では切手の換金をしてくれると勘違いされがちなのですが、残念ながら郵便局では切手の換金はしてもらえません。

 

これは郵便局の公式ホームページでもはっきり明記されています。
はがきや郵便書簡との交換には応じてくれるようですが、換金ということはできないようですね。

 

それでは切手の換金はどこでしてもらえるのでしょう?
切手の換金で1番のおすすめは切手を取り扱っているリサイクルショップや金券ショップでしょう。

 

中でも切手換金で利用しやすいのはスピード買取.jpですが、こちらはなんと自宅訪問による買取です。
わざわざ店舗を探して足を運ばなくても、あちらからスタッフの方が自宅や指定した場所に来てくれます。

 

切手の査定後に提示された買取額に納得であればなんとその場で現金で支払われるのです。
仮に買取査定の金額が不服であれば断ってもお金はかかりません。

 

切手を換金するためにわざわざ足を運ばなくてもよい点、そして金券ショップよりも換金率がいいことからもここがおすすめです。

 

プレミアものの切手だけではなくごく普通の切手やハガキも買取してくれますよ。
詳しくはスピード買取.jp公式ホームページを参考にしてみてください。

 

 

>>>スピード買取.jp公式サイトはこちらから<<<

 

 

 

切手の換金率はどの程度?

 

切手の換金率というのはほんとに換金先によってバラバラです。
金券ショップの場合であれば、例えば50円の切手は額面の40%の20円などが切手買取相場ではないでしょうか。

 

金券ショップでは換金した切手をそのまま一般向けに、"実際に使用する切手"として販売するので、利益を考えればやはり40%程度の換金率は妥当だと言えるでしょう。

 

反対にスピード買取.jpなどのようなリサイクルショップ、このような会社は換金して買い取った切手を海外の切手コレクターなどに販売しています。

 

限定ものの記念切手などは実は海外では信じられないような金額で売買されていたりします。
記念切手に限らずとも、わたしたちが普通に郵便局で買っている切手であっても高いお金を出してほしがる切手コレクターも存在します。

 

そういうコレクターたちを販売先に持っているスピード買取.jpのようなリサイクルショップは、ほとんどの場合金券ショップよりも換金率は良くなるでしょう。

 

 

 

中国切手を高額で買取

 

みなさんこんにちわ。切手コレクションが趣味の当サイト管理人のわたしですが、今日は中国切手の買取について書かせて頂きたいと思います。中国切手はあらゆる記念切手や外国切手の中でも最もプレミアが付きやすい、高額買取の可能性が高い切手です。

 

特に1970代の古い中国切手なんかは、切手とは思えないような恐ろしい値段で買取や取り引きがされているようですね。もちろん比較的新しい中国切手であっても、額面を大きく上回る高額で買取してもらえるケースは多々あります。

 

そのくらい中国切手と言うのはわたし含め、切手コレクターの中では人気の切手になるのです。そして中国切手を買取してもらうにあたり大事なのがどこで買取してもらうかでしょう。

 

中にはズルい業者も存在していて、プレミア切手であっても売り手が気付いていなければ安い値段で買取してしまう業者も存在します。わたしが中国切手の買取でいろいろと利用させて頂いた中でも、買取査定額が高くて誠実な会社は スピード買取.jpさんでしょう。

 

自宅まで鑑定士が訪問して買取してくれますし、買取金額が気に入らなければお断りしても無料です。いろいろと安心できるサービスもたくさんあるので中国切手の買取を検討されているのならお勧めでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取.jpとは

 

中国切手の買取でおすすめしたスピード買取.jpですが、ここはもともと切手に限らず、いろいろなものを買取しています。切手の他にはよくあるブランドもののアクセサリーの買取と、あとは着物の買取に力を入れているようです。

 

ある程度の規模の会社ですので買取の際の個人情報の取り扱いも徹底されています。基本的に買取に際して信頼を得ることに重きを置いているので、安心面というところではかなり評価が高いでしょう。

 

実際にわたしがこちらで中国切手を買取して頂いた際も、非常に低姿勢で誠実な鑑定士が訪ねてきました。買取はその場で完結して、切手を渡してこちらは買取金を受け取りました。

 

そしてそのあとしばらくしてから再度本社の方から確認の電話が入ります。買取に関して不備などはなかったかなどを聞かれ、疑問があるようならこちらに電話してくれと言われました。そのあたりは徹底しているようですね。

 

13同じような年代の同じような価値の中国切手でも、他社さんよりも買取金が良かったのはもちろんのことですが、このあたりの誠実な対応も良かった点ですね。中国切手はお宝切手だとたった一枚でも100万円を超えることがあるそうです。しっかりとしたプロの鑑定士に見積もりをとってもらうようにしましょう。

 

 

>>>スピード買取.jpの公式ホームページはこちらから<<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い切手を買取してもらうには

 

すっかりインターネット社会へと変貌を遂げた今日、使わなくなってしまった古い切手の買取先を探している人も少なくはないでしょう。古い切手や使わなくなってしまった切手は郵便局で買取してもらえると考えている人も多いようですが、実はそれは間違いで、郵便局では切手の買取はしていません。

 

それでは古い切手の買取はどこでしてもらえるのかと言うと、切手の買取専門店です。古い切手には高い価値のあるものが多く、切手コレクターの多い中国などではわたしたちには考えられないような高額で切手の取り引きがされています。

 

そこに販売網を持つ切手買取専門店は、例え日焼けした古い切手であってもそれに見合った金額で買取してくれます。もちろんその買取金額以上の値段で売れることを想定してのことですね。さらに近頃ではこの古い切手の買取業界では訪問買取が一般的になっています。

 

わざわざ切手を買取してもらうためにショップまで足を運ばなくても家まで鑑定士が買取に来てくれますから非常に便利です。買取はその場で完結して、買取金額もその場で現金で支払われることになります。

 

お手持ちの古い切手の買取価格はどの程度なのか、鑑定だけなら無料でしてもらえるので一度試してみるのも良いでしょう。おすすめの切手買取専門店は以下に紹介しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取.jpの強み

 

古い切手の買取でおすすめと言えばスピード買取.jpでしょう。ここの買取ショップの最大の特徴と言えば、買取不可商品の少なさでしょう。古い切手を買取してくれるショップは世の中にはたくさんありますが、その大半は記念切手のシート(アルバムのようにセットになった切手)でないと買取してくれないお店ばかりです。

 

ましてバラの古い切手で汚れがあるものを買取してくれるショップとなるとそれこそ一握りとなります。スピード買取.jpという会社は、そのような破れや汚れのあるバラの古い切手であっても買取してくれる、数少ない切手買取専門店です。

 

ダンボール箱にぐちゃぐちゃに詰められた古い切手を全部買取してもらったら、買取金額が100万円を超えたなんていうことはよくある話です。切手のコレクターでなければ古い切手に100万円以上も支払うというのは理解できない話でしょうが、これが現実によくある話なのです。

 

特に古い切手の中でも外国製の切手にはプレミア商品が多いようです。古い中国切手ともなるとたった一枚の切手で100万円以上の価値があるものも存在します。そのような超お宝切手を見落とさないためにも、鑑定は必ず切手買取専門店でもプロの方にしてもらうようにしましょう。

 

>>>スピード買取.jp公式ホームページはこちら<<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切手シートを買取してもらった

 

こんにちわ。わたしは父親から譲り受けたことをキッカケに一時的に切手をコレクションしていたのですが、なんだかんだ切手って管理が難しいんですね。マメでも器用でもないわたしには切手のコレクションと言うのは長続きすることもなく、一年くらい切手を集めて結局辞めることにしました。

 

だけどおもしろかったのはそこからです。切手の中でも特に切手シート、あれってすごい値段で買取してもらえるんですよね。そもそも切手シートはオークションでしか買ったことがなかったのですが、プロの鑑定士にみてもらうと自分でも知らなかったプレミアの切手シートって結構存在してるんです。

 

特に切手のコレクションがポピュラーな中国では、わたしたちが想像もつかないような値段で切手シートが買取されています。切手シートはちゃんと保存されているものが多く、記念品などのレア切手である可能性が高いので、高額買取の対象になりやすいです。

 

なので家にいらない切手シートがあるならチャンスです。少しでも高く買取してくれる買取業者を探しましょう。ちなみにわたしのおすすめの買取業者を一つあげるとすれば【スピード買取.jp】さんですね。切手シートを買取してもらうなら切手専門の買取業者が1番いい値段を付けてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切手シートの買取ってどうするの?

 

わたしも父親から切手シートをもらって切手のコレクションを始めてみて、そして集めた切手を手放すまでは切手シートを買取してもらうなんていうことはありませんでした。ですが今回まとめて切手シートを買取してもらい、いろいろな買取業者さんを利用させて頂くきっかけとなりました。

 

切手シートの買取は、古本や古着の買取とはちょっと違います。何が違うのかと言うと、率直に言って買取金額、動くお金が違います。ですのでその分買取サービスも非常に便利で、スピード買取.jpのように申し込みをすればその日にでも買取に来てくれる買取業者さんもあります。

 

その時の切手シートの買取手順は非常に簡単で、家まで鑑定士が来てくれてその場で買取査定をしてくれます。1枚づつの金額も教えてくれるし、質問にももちろんちゃんと答えてくれます。そして最終の買取金額に納得なら、なんとその場でお金が支払われるのです。

 

その場で手渡しでもらえるというのは非常に明解且つスピーディーで忙しい人にはピッタリでしょうね。ちなみにこの切手シートは買取してもらうけど、やっぱりこっちの切手シートはやめておきます…なんていう融通もきくし、スピード買取.jpに関して言えばキャンセルでも一切お金はかかりませんでした。

 

もしかしたらすごい価値の切手シートがあるかもしれないき、とりあえず鑑定してもらうなんていうのもありかもしれませんね。

 

>>>スピード買取.jp公式サイトはこちらから<<<

 

 

 

記念切手はどこで買取してもらう?

 

よく間違える人が多いのですが、記念切手を郵便局で買取してもらおうと思ってもしてもらえません。わたしも初めて記念切手を買取してもらう時に最初に考えたのは郵便局でしたが…。記念切手を買取してもらえるお店はたくさんあります。

 

1番有名なところだとチケットショップでしょうか。街中のいたるところにありますよね。だけどわたしの経験から言って、チケットショップでの記念切手の買取はかなり安く見積もられてしまいます。どの道使わないものだと足元を見られるんですよね。

 

逆におすすめなのは切手専門の買取業者です。切手を専門に取り扱っているためプレミアが付いている記念切手の知識も豊富です。さらには国外の記念切手コレクターに向けの大きな販売ネットワークを持っているために、買取した記念切手を高くさばくことが容易にできるのも、このタイプの業者です。

 

チケットショップであれば通常の切手として買取するものでも、専門業者であれば高価な記念切手として買取してくれるので買取金額にかなり大きな差がでます。

 

高価な記念切手を安くで手放してしまわないためにも、記念切手は切手専門の買取業者で売るようにするといいでしょう。おすすめの切手専門の買取業者は以下に紹介しておきます。買取例などは公式サイトを参考にしてみてください。

 

 

 

記念切手を買取してもらう前に

 

記念切手を切手専門の業者さんに買取してもらうとなると、まずは鑑定士さんに記念切手の価値を鑑定してもらうことになります。ちなみに先ほど紹介した専門業者であれば日本全国どこへでもお宅まで出張鑑定に来てくれますよ。

 

記念切手の鑑定ではだいたいの場合は普通の価値の切手という話になりますが、中には海外で人気のある記念切手だったなんていうケースもたくさんあります。実際にわたしも気づいていなかったのですが手持ちの記念切手が高価な切手だったという経験があります。

 

そんな時、記念切手の査定額に大きく影響してくるのが記念切手のコンディションです。日焼けしていたり破れたりしていても基本的に切手は普通に使える以上は買取してもらえるのですが、プレミアものの場合は高額査定が下がってしまいます。

 

普段からできるだけ日焼けを避けるように袋に入れて棚の中にしまうようにしておきましょう。また実際に買取してもらう前には細かな汚れでも自分で取れるようであればとっておくようにしましょう。

 

記念切手によってはそれだけで買取価格が数万円変わってくることもあるそうですよ。ちょっとした数分の努力でも買取価格が大きく変わるのですから、記念切手の人気ってすごいものですね。

 

 

 

切手を売る

 

あまり知られていないことですが、切手って意外と高く売ることができるんですよね。最近では手紙なんてあまり書くことがなくなったし、まとめて買った切手が家にあまりまくっているなんて人も多いと思います。

 

うちもそのパターンで、家族がそれぞれ買ってきたり職場から持ち帰ってきたりした切手があまりにあまりまくっていました。それを年末の大掃除の時に売ることができないものかと調べてみたのですが、切手は切手業者で売ることができるんです。

 

ちなみにですが、切手は郵便局では売ることができません。一種の金券のようなものだし払い戻しができるかと思ったんですけどね。切手の買取業者と言うのもやはり数は少ないのですが、日本全国どこへでも出張買取してくれる業者もあるので、どんなに田舎に住んでいても切手を売ることは可能と言うことですね。

 

さらには切手1枚だけでも売ることができるし、その1枚のためでも家まで買い取りに来てくれるみたいですよ。もちろん金額としては基本的に額面の70%?30%くらいが相場でしょう。ですが切手というのは他のどの商品よりもプレミアものが多いことでも有名です。

 

何気に売るつもりだった切手の中にも実は高額で売ることができる切手が隠れていることも多々ありますから、とりあえず鑑定してもらうのもいいかもしれませんよ。ちなみに鑑定だけなら無料でしてくれる切手買取の出張業者があるので下に紹介しておきます。

 

 

 

切手を売る前に

 

先ほどお話したように、切手の中には思いもよらないプレミア切手が眠っているなんていうことはよくあります。普通の切手であれば1枚あたりの金額はそう大したものではないのですが、プレミア切手となると話は別です。

 

切手によってはたった一枚であっても数万円で売ることができる切手もほんとにたくさんあるんです。そうなると大事なのが売る前に切手のメンテナンスをしておくことです。汚れなど簡単に落ちそうなものであれば切手を傷つけない程度に落としておきましょう。

 

一枚で数万円で売ることができる切手であれば、たった10分のその作業で査定額が一万円変わることだってあります。信じられないはなしかもしれませんが、世の中にはお金持ちの切手コレクターというのがたくさん存在します。

 

日本ではかなり減ったようですが、海外には切手を集めている切手収集家はたくさんいるようです。わたしたちが不要になって売るような切手でも、中には切手コレクターが欲しがるものもたくさんあるのです。

 

そういう切手コレクター向けになる切手であれば状態はとても大事な部分ですから、少しでもキレイにして売ると査定額アップに繋がるでしょう。

 

>>>スピード買取.jp公式サイトはこちらから<<<